Mobility Transformation Online
モビリティの未来に関する
オンラインカンファレンス

移動の進化への挑戦
2020

Mobility Transformationは業界の垣根を
越えて「移動の進化」へ挑戦する方々がイベント
やセミナーを通じて、MaaSやCASE、スマート
シティの取り組みを共有するための活動および
コミュニティーです。

Summary

MT2020はオンラインでの開催。
約7,700名にご視聴いただきました。

mtxschoo

2020年4月28日 「Schoo」とのコラボレーションにより開催したオンラインカンファレンスは、10:00から18:00まで7セッションを一挙生放送。

全国各地より、SchooとSNSの同時放送を合わせて約7,700名にご視聴いただきました。

講義では、COVIC-19・DX・スマートシティ・MaaSをはじめとした様々なキーワードを中心に、取り組み事例も多数共有。

参加者様からも積極的にご質問いただき、非常にインタラクティブなセッションが実現しました。

オンライン動画による学習サービスです。
生放送は会員登録だけで無料で楽しめます。
総視聴者
7,700
Mobility Transformation 2020 サマリーレポート イメージ写真

イベントサマリーレポートと、全セッションの講義資料を
ダウンロードいただけます。

レポートを受け取る

Mobility
Transformation 2019

2019年11月15日に第一回を虎ノ門ヒルズにて開催いたしました。

2019
スピーカー
スピーカー
45名以上
セッション
セッション
20以上
スポンサー
スポンサー
24
MT2019の詳細はこちら

Seminars

Mobility Transformationは様々なセミナーを実施してまいります。

スマートドライブ代表 北川 烈へ 聞きたいことありますか?

スマートドライブ代表 北川 烈へ 聞きたいことありますか?

講師:
北川 烈(株式会社スマートドライブ)
日時:
2020年7月29日 11:00-12:00
セミナーの詳細はこちら

Speakers

荒川 翔太
荒川 翔太
デジタルソリューション事業第二部
住友商事株式会社
Bio:一橋大学商学部卒業。2011年に住友商事に入社し、一貫して自動車関連ビジネスに従事。国内における自動車リース法人営業を担当した後、SmartDriveをはじめとするモビリティ関連スタートアップへの出資および提携を進め、国内最大手の自動車リース会社におけるモビリティサービスの開発を担当。2019年からは全社のDigital Transformation(DX)を推進する専門組織に所属し、社内外のパートナーと連携しながら、現場の課題に即したDXを展開。
荒川 翔太
荒川 翔太
デジタルソリューション事業第二部
住友商事株式会社
Bio:一橋大学商学部卒業。2011年に住友商事に入社し、一貫して自動車関連ビジネスに従事。国内における自動車リース法人営業を担当した後、SmartDriveをはじめとするモビリティ関連スタートアップへの出資および提携を進め、国内最大手の自動車リース会社におけるモビリティサービスの開発を担当。2019年からは全社のDigital Transformation(DX)を推進する専門組織に所属し、社内外のパートナーと連携しながら、現場の課題に即したDXを展開。
安藤 聡昭
安藤 聡昭
リテール商品業務部 Next Retail Project 課長代理
損害保険ジャパン株式会社
Bio:2007年4月に新卒で損保ジャパン入社。神奈川県で主にプロ代理店や企業を担当する営業部門に所属。その後千葉県で自動車保険の保険金をお支払いする保険金サービス部門に所属。2017年4月からリテール商品業務部にて、テレマティクスサービスの開発を担当。2019年4月から現任で、既存のビジネスモデルに捉われずに新たな体験価値を創造する、徹底した顧客目線の保険商品・サービスの検討・開発およびエコパートナー企業とのアライアンス構築に取り組んでいる。
安藤 聡昭
安藤 聡昭
リテール商品業務部 Next Retail Project 課長代理
損害保険ジャパン株式会社
Bio:2007年4月に新卒で損保ジャパン入社。神奈川県で主にプロ代理店や企業を担当する営業部門に所属。その後千葉県で自動車保険の保険金をお支払いする保険金サービス部門に所属。2017年4月からリテール商品業務部にて、テレマティクスサービスの開発を担当。2019年4月から現任で、既存のビジネスモデルに捉われずに新たな体験価値を創造する、徹底した顧客目線の保険商品・サービスの検討・開発およびエコパートナー企業とのアライアンス構築に取り組んでいる。
奥野 誠
奥野 誠
取締役シニアディレクター
株式会社JR西日本イノベーションズ
Bio:1994年、JR西日本入社、鉄道現場を経験後、人事部、グループ経営推進室、資本戦略室で業務。グループ会社管理やM&Aなどに従事している際、ベンチャー企業との資本業務提携などをよりスムーズに実現するために、CVCの設立を企画・推進。2016年12月JR西日本イノベーションズ設立、そのまま取締役として着任。
奥野 誠
奥野 誠
取締役シニアディレクター
株式会社JR西日本イノベーションズ
Bio:1994年、JR西日本入社、鉄道現場を経験後、人事部、グループ経営推進室、資本戦略室で業務。グループ会社管理やM&Aなどに従事している際、ベンチャー企業との資本業務提携などをよりスムーズに実現するために、CVCの設立を企画・推進。2016年12月JR西日本イノベーションズ設立、そのまま取締役として着任。
隈本 伸一
隈本 伸一
シニアマネージャー
JR東日本スタートアップ株式会社
Bio:慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)入社。 入社以来、主に駅ナカや駅ビル等を展開する生活サービス事業部門に所属。飲料ビジネス会社(JR東日本ウォータービジネス)の新規立ち上げや、地域活性化プロジェクトの推進を行い、直近はJRE POINTのグループ内共通ポイントプログラムの立ち上げ推進等、事業再編や新規事業のプロジェクトを中心に従事。 2018年2月より、オープンイノベーションによる共創活動をするJR東日本スタートアップ㈱会社の立ち上げを行うと共に出向し、スタートアップ企業との協業や出資等による支援を推進。
隈本 伸一
隈本 伸一
シニアマネージャー
JR東日本スタートアップ株式会社
Bio:慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)入社。 入社以来、主に駅ナカや駅ビル等を展開する生活サービス事業部門に所属。飲料ビジネス会社(JR東日本ウォータービジネス)の新規立ち上げや、地域活性化プロジェクトの推進を行い、直近はJRE POINTのグループ内共通ポイントプログラムの立ち上げ推進等、事業再編や新規事業のプロジェクトを中心に従事。 2018年2月より、オープンイノベーションによる共創活動をするJR東日本スタートアップ㈱会社の立ち上げを行うと共に出向し、スタートアップ企業との協業や出資等による支援を推進。
西村 潤也
西村 潤也
経営戦略部 課長 次世代モビリティチーム 統括リーダー
小田急電鉄株式会社
Bio:2003年、小田急電鉄に入社。 鉄道現業を経て、運転車両部、交通企画部などに所属。 その後、運輸総合研究所への派遣を経て、2016年7月より経営戦略部に所属。 次世代モビリティチームの統括リーダーとして、自動運転バスの実証実験やMaaSの開発に従事。 2019年10月にMaaSアプリ「EMot(エモット)」をリリースしたほか、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」を展開、2020年2月からはオンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実証実験を実施している。 2020年3月には、安心・快適なモビリティ・ライフの実現にむけてスマートドライブとプロジェクトをスタートするなど、多様なパートナーとともに、次世代モビリティ事業を推進している。
西村 潤也
西村 潤也
経営戦略部 課長 次世代モビリティチーム 統括リーダー
小田急電鉄株式会社
Bio:2003年、小田急電鉄に入社。 鉄道現業を経て、運転車両部、交通企画部などに所属。 その後、運輸総合研究所への派遣を経て、2016年7月より経営戦略部に所属。 次世代モビリティチームの統括リーダーとして、自動運転バスの実証実験やMaaSの開発に従事。 2019年10月にMaaSアプリ「EMot(エモット)」をリリースしたほか、オープンな共通データ基盤「MaaS Japan」を展開、2020年2月からはオンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実証実験を実施している。 2020年3月には、安心・快適なモビリティ・ライフの実現にむけてスマートドライブとプロジェクトをスタートするなど、多様なパートナーとともに、次世代モビリティ事業を推進している。
牧野 祐己
牧野 祐己
CTO
株式会社プレイド
Bio:東京大学工学系研究科で修士課程卒業 2009 年から2014 年までIBM ソフトウェア開発研究所でビッグデータ関連の研究開発業務に従事 2015 年にプレイドに参画し、KARTEのデータ分析エンジンの研究開発を担当
牧野 祐己
牧野 祐己
CTO
株式会社プレイド
Bio:東京大学工学系研究科で修士課程卒業 2009 年から2014 年までIBM ソフトウェア開発研究所でビッグデータ関連の研究開発業務に従事 2015 年にプレイドに参画し、KARTEのデータ分析エンジンの研究開発を担当
山本祐司
山本祐司
経営企画室
株式会社ホンダモーターサイクルジャパン
Bio:早稲田大学機械工学科卒業。本田技術研究所での四輪車の研究開発、本田技研工業での二輪車の新新規業企画に従事したのち、現在はホンダモーターサイクルジャパンにて日本国内でコネクテッド技術を活用した二輪車のサービスを構築中。
山本祐司
山本祐司
経営企画室
株式会社ホンダモーターサイクルジャパン
Bio:早稲田大学機械工学科卒業。本田技術研究所での四輪車の研究開発、本田技研工業での二輪車の新新規業企画に従事したのち、現在はホンダモーターサイクルジャパンにて日本国内でコネクテッド技術を活用した二輪車のサービスを構築中。
北川 烈
北川 烈
代表取締役社長
株式会社スマートドライブ
Bio:慶応大学在籍時から国内ベンチャーでインターンを経験し、複数の新規事業立ち上げを経験。その後、1年間米国に留学しエンジニアリングを学んだ後、東京大学大学院に進学し移動体のデータ分析を研究。その中で今後自動車のデータ活用、EV、自動運転技術が今後の移動を大きく変えていくことに感銘を受け、在学中にSmartDriveを創業し代表取締役に就任。
北川 烈
北川 烈
代表取締役社長
株式会社スマートドライブ
Bio:慶応大学在籍時から国内ベンチャーでインターンを経験し、複数の新規事業立ち上げを経験。その後、1年間米国に留学しエンジニアリングを学んだ後、東京大学大学院に進学し移動体のデータ分析を研究。その中で今後自動車のデータ活用、EV、自動運転技術が今後の移動を大きく変えていくことに感銘を受け、在学中にSmartDriveを創業し代表取締役に就任。
元垣内 広毅
元垣内 広毅
取締役
株式会社スマートドライブ
Bio:大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程にて統計解析を専攻。統計的機械学習領域で博士号(工学)取得。有限責任あずさ監査法人にて、公認会計士業務に従事した後、グリー株式会社に入社し、各種データ分析業務を担当。2015年1月にスマートドライブに入社。執行役員を経て、2018年12月より現職。現在は、データプラットフォーム事業を中心に、データ解析領域の技術開発及び事業開発を担当。
元垣内 広毅
元垣内 広毅
取締役
株式会社スマートドライブ
Bio:大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程にて統計解析を専攻。統計的機械学習領域で博士号(工学)取得。有限責任あずさ監査法人にて、公認会計士業務に従事した後、グリー株式会社に入社し、各種データ分析業務を担当。2015年1月にスマートドライブに入社。執行役員を経て、2018年12月より現職。現在は、データプラットフォーム事業を中心に、データ解析領域の技術開発及び事業開発を担当。
菅谷 俊雄
菅谷 俊雄
CSO
株式会社スマートドライブ
Bio:東京大学経済学部を卒業後、JPモルガンにてキャリアをスタート。投資銀行部門にてM&A、資金調達業務に携わる。その後、ロサンゼルスの法律事務所Paul Hastingsを経て、ラザードフレール、バークレイズにて、クロスボーダー案件を中心にアドバイザリー業務に従事。2019年にスマートドライブに参画。戦略立案、アライアンス戦略の推進を担当。
菅谷 俊雄
菅谷 俊雄
CSO
株式会社スマートドライブ
Bio:東京大学経済学部を卒業後、JPモルガンにてキャリアをスタート。投資銀行部門にてM&A、資金調達業務に携わる。その後、ロサンゼルスの法律事務所Paul Hastingsを経て、ラザードフレール、バークレイズにて、クロスボーダー案件を中心にアドバイザリー業務に従事。2019年にスマートドライブに参画。戦略立案、アライアンス戦略の推進を担当。
弘中 丈巳
弘中 丈巳
CRO
株式会社スマートドライブ
Bio:日系コンサルティング会社にてキャリアをスタート。北海道支店長として拠点立ち上げに携わる。その後、株式会社セールスフォースドットコムにてリージョンの立ち上げと新しいモデル構築を行う。その後株式会社マルケトの1人目の従業員として、インサイドセールス、セールス、カスタマーサクセスなどの立ち上げをおこなった後、コマーシャル営業部の責任者として組織拡大に従事。2019年にスマートドライブに参画しCRO(Chief Revenue Officer)に。マーケティング〜カスタマーサクセス・ビジネス開発を統括し収益の最大化に取り組む。
弘中 丈巳
弘中 丈巳
CRO
株式会社スマートドライブ
Bio:日系コンサルティング会社にてキャリアをスタート。北海道支店長として拠点立ち上げに携わる。その後、株式会社セールスフォースドットコムにてリージョンの立ち上げと新しいモデル構築を行う。その後株式会社マルケトの1人目の従業員として、インサイドセールス、セールス、カスタマーサクセスなどの立ち上げをおこなった後、コマーシャル営業部の責任者として組織拡大に従事。2019年にスマートドライブに参画しCRO(Chief Revenue Officer)に。マーケティング〜カスタマーサクセス・ビジネス開発を統括し収益の最大化に取り組む。
岸田 崇志
岸田 崇志
CTO
株式会社スマートドライブ
Bio:2006年3月博士(情報工学)取得。2009年5月グリー株式会社に入社。エンジニア兼事業責任者を経てJapanStudio統括部長、開発本部副本部長を歴任。2013年10月同社執行役員に就任し、内製ゲーム事業を統括。2015年11月株式会社LITALICOに入社、執行役員CTOに就任。エンジニア組織の立ち上げ及びグローバルアプリ事業の立ち上げに従事。Google Play Awards 2018にて世界の45アプリにノミネート。その他、社外CTOを始め数社の技術アドバイザーを務める。2019年1月ウェルスナビ株式会社執行役員CPOに就任。プロダクト開発を統括。現在SmartDriveにてCTOに就任。
岸田 崇志
岸田 崇志
CTO
株式会社スマートドライブ
Bio:2006年3月博士(情報工学)取得。2009年5月グリー株式会社に入社。エンジニア兼事業責任者を経てJapanStudio統括部長、開発本部副本部長を歴任。2013年10月同社執行役員に就任し、内製ゲーム事業を統括。2015年11月株式会社LITALICOに入社、執行役員CTOに就任。エンジニア組織の立ち上げ及びグローバルアプリ事業の立ち上げに従事。Google Play Awards 2018にて世界の45アプリにノミネート。その他、社外CTOを始め数社の技術アドバイザーを務める。2019年1月ウェルスナビ株式会社執行役員CPOに就任。プロダクト開発を統括。現在SmartDriveにてCTOに就任。
石野 真吾
石野 真吾
先進技術事業開発 ディレクター
株式会社スマートドライブ
Bio:医療介護機関向け動画コンテンツの新規事業の立ち上げを行い、2013年にSansanへ入社。非対面カスタマーサクセスチームの立ち上げ、業務企画のマネージャーとしてテクノロジーを活用した業務改善や営業企画を行った後、Sansanのマーケティングの仕組み作りを行い、2017年より株式会社マルケトにて、セールス&マーケティング分野における新しいテクノロジースタック開拓を推進。2019年Adobeにて新製品の日本展開のPMMを担った後、株式会社スマートドライブでビジネス開発を担当。
石野 真吾
石野 真吾
先進技術事業開発 ディレクター
株式会社スマートドライブ
Bio:医療介護機関向け動画コンテンツの新規事業の立ち上げを行い、2013年にSansanへ入社。非対面カスタマーサクセスチームの立ち上げ、業務企画のマネージャーとしてテクノロジーを活用した業務改善や営業企画を行った後、Sansanのマーケティングの仕組み作りを行い、2017年より株式会社マルケトにて、セールス&マーケティング分野における新しいテクノロジースタック開拓を推進。2019年Adobeにて新製品の日本展開のPMMを担った後、株式会社スマートドライブでビジネス開発を担当。
石川 信太朗
石川 信太朗
Mobility Data Scientist
株式会社スマートドライブ
Bio:2017年人材系のベンチャー企業に入社後、CRM系のマーケティング担当としてマーケティングオートメーションの導入運用、データウェアハウスの構築、BIの導入運用などを推進。2019年SmartDriveに入社後 Mobility Data Scientistに就任。移動データの解析を中心にデータ分析を担当し、MasS系の実証実験のサポートなどに従事。
石川 信太朗
石川 信太朗
Mobility Data Scientist
株式会社スマートドライブ
Bio:2017年人材系のベンチャー企業に入社後、CRM系のマーケティング担当としてマーケティングオートメーションの導入運用、データウェアハウスの構築、BIの導入運用などを推進。2019年SmartDriveに入社後 Mobility Data Scientistに就任。移動データの解析を中心にデータ分析を担当し、MasS系の実証実験のサポートなどに従事。

Time Table

10:00
11:00
移動の進化とCOVID-19の影響をどうプラスに変えていくか

100年に一度の変革期と言われる今、CASEやMaaSに代表されるようなトレンドを踏まえてどのように移動が変わっていくのか、また同じく100年に一度と言われるCOVID-19が、どのように移動の進化に影響を与えていくのでしょうか?より良い移動の未来に向けてCOVID-19の影響をどのようにプラスに変えていけば良いのか、イベントに込めた想いと共にお話しさせて頂きます。

名前
北川 烈
株式会社スマートドライブ 代表取締役
11:00
12:00
MaaS時代における保険の新たな価値について
人口減少や少子高齢化、そして人々の価値観の変化に伴い、自動車産業マーケットが大きな変革期を迎える中、保険はこのままでいいのだろうか?保険・サービスが万が一の時に役立つのは当たり前。これからはいつもの暮らしに寄り添い、人生を豊かにする存在に進化することが必要です。その実現のために、SOMPOは前例に捉われずにチャレンジし、「移動」の進化に合わせて「保険」を進化させ、あらゆる人々に新たな体験価値を提供していく。
名前
安藤 聡昭
損害保険ジャパン株式会社 リテール商品業務部 Next Retail Project 課長代理
名前
石野 真吾
株式会社スマートドライブ 先進技術事業開発 ディレクター
12:00
13:00
大手企業とスタートアップ企業の協業によるDX推進の事例
デジタルトランスフォーメーションの推進が叫ばれる昨今、大手企業とスタートアップ企業の協業という形での実証実験等が盛んになってきました。DXの推進には企業規模や業界に依存しない協力関係やエコシステムが必要です。様々なスタートアップと積極的な協業を推進している住友商事の荒川様をお招きし、SmartDriveのMobility Data ScientistとMobility業界のDXについて語ります。
名前
荒川 翔太
住友商事株式会社 デジタルソリューション事業第二部
名前
石川 信太朗
株式会社スマートドライブ Mobility Data Scientist
13:00
14:00
データとアーキテクチャ 〜MaaSでのサービスの進化と可能性〜
これからMaaS業界はインターネット業界が築いてきた歴史と同じ道を辿ると言われています。MaaSの進化に伴いより幅広い利用価値が提供できるようになります。インターネット業界でのCXの先駆者である株式会社プレイドの牧野様をお招きし、顧客価値の作り方を軸に、今のMaaSサービスの可能性と今後のMaaSサービスの可能性についてお話させて頂きます。
名前
牧野祐己
株式会社プレイド 執行役員CTO
名前
岸田 崇志
株式会社スマートドライブ CTO
14:00
15:00
休憩
15:00
16:00
モビリティデータを活用した安心・快適な新しいモビリティ・ライフの実現

無くならない自動車事故。どのようにして、事故がなく地域住人が安心して快適な生活を送ることのできるまちを作ることができるのか?

本セッションでは小田急電鉄とスマートドライブ が取り組むプロジェクトの事例を中心に、住人の方々に新しいモビリティライフを提供するための方法についてお伝えします。

名前
西村 潤也
小田急電鉄株式会社 経営戦略部 課長 次世代モビリティチーム 統括リーダー
名前
弘中 丈巳
株式会社スマートドライブ CRO
16:00
17:00
JRが挑む!関係人口を増やすための「移動の目的」作りとは?

高齢化や過疎化、交通弱者が多くいる地方が抱えている課題、都心部が抱えている移動の課題をどのように解決をしていくのか?「関係人口」を増やすことで様々なこのような課題の解決に取り組むJR様と共に、具体的な取り組みなどを紹介しながら、移動が今後どのように変化していくのか紹介いたします。

「関係人口」を増やすことで様々なこのような課題の解決に取り組むJR様と共に、具体的な取り組みなどを紹介しながら、移動が今後どのように変化していくのか紹介いたします。

名前
隈本 伸一
JR東日本スタートアップ株式会社 シニアマネージャー
名前
奥野 誠
株式会社JR西日本イノベーションズ 取締役シニアディレクター
名前
菅谷 俊雄
株式会社スマートドライブ CSO
17:00
18:00
コネクテッドバイクは今後どのように活用されるのか

昨年のMobility TransformationにてコネクテッドEVバイクのデータを活用したFleetマネジメントシステムについて発表しました。

HONDA Fleet Managementを活用することで、どのようなことが可能になるのか?また、開発に至った経緯やプロジェクトを進め方などをお伝えします。

名前
山本 祐司
株式会社ホンダモーターサイクルジャパン 経営企画室
名前
元垣内 広毅
株式会社スマートドライブ 取締役

Companies

Companies